トップ会社案内会社沿革カタログ 株式会社 西田製作所 価格表型番検索問合せ掲示板

昭和 8年 2月

西田藤太郎(とうたろう)が、機械商社 碌々商会(東京都 品川)に勤務の傍ら、神田の電機学校(現在、東京電機大学)夜間学校にて機械技術を取得。帰郷後、寺内製作所(京都市伏見区)を経て、独立。個人経営 西田製作所を創業。

昭和 9年 1月 主に軍用艦の大型ネジを加工する加工機であるターレット旋盤を開発。高品質で好評を博し、軍需景気下、最盛期はプレミア付きで販売された。
昭和13年 4月当時、珍しかった赤レンガづくり製の第二工場(825u)新設。京都での近代的機械工場の先駆けの一つ。
昭和14年 2月

第三工場(5000u)の新設と同時に、巨シ田精機工作所に改名。資本金11万円、社員数150名。社員採用は、人口過疎地域からも積極雇用を行ったという。

昭和16年12月 大東亜戦争勃発。軍備調達設備の増加で業績拡大。国内のみならず、当時の満州国にも多量に輸出。
昭和17年 6月 舞鶴海軍工廠の管轄下、軍需関連施設に指定。
昭和19年 9月 航空機部品製造部門を疎開計画の用地視察時、徳島県多度津にて初代社長没。
昭和20年 8月終戦。軍需指定工場のため閉鎖。
昭和23年 5月 西田力夫が、西宮市 甲陽工業専門学校(現甲陽学院高等学校)を卒業後、復興。再操業初期は各種機械(醸造、医療、運搬、木工機械 ジャッキ)や各種部品製造。
昭和34年3月頃自社ブランド製品の研究開発に着手。
昭和35年発明協会主催、京都駅前、丸物百貨店の発明コンクール展に油圧カッタの試作品を出展。民間初の油圧工具開発の成功であり、注目を浴びた。(当時、油圧工具の国内初の開発成功は、機械部門を保有していた時期の理化学研究所)
昭和36年 4月 ポータブル型の油圧ワイヤーカッタの開発に成功。自社ブランドで全国的に販売活動を開始。NC型番(NISHIDA'S CUTTER )の誕生。
昭和36年 5月大阪国際見本市に初出展。好評を博す。
昭和38年 5月日本電設資材展に初出展。好評を博す。
昭和38年 6月法人組織に変更、資本金100万円、株式会社西田製作所に社名変更。
昭和39年 7月 オーストラリアへ、ワイヤーカッタを300台の輸出に成功。以後海外取引開始。


昭和40年 6月 第二次南極観測船「ふじ」に搭載されたワイヤーカッタが昭和基地で活躍し、大きく新聞で報道された。以後、海上自衛隊指定品に登録され、全自衛艦に標準搭載品指定を受け、現在に至る。

昭和40年10月国産の油圧端子圧着機を開発。電設業界へ本格的に進出。「油圧のニシダ」のブランドが定着開始。
昭和46年 4月資本金400万円に増資
昭和47年 9月現在地に本社を移転し、生産体制を整備する。
昭和51年 4月港区浜松町に東京営業所を開設し、営業力を拡大する。
昭和54年 9月組立工場(1650u)の増設に伴い、IT関連の設備自動機械の製造に本格的に着手。
昭和56年 2月東京営業所を渋谷区西原に移転する。
昭和57年10月本社隣接工場と一部2階建社員寮(1,000u)を買収。第三組立工場とする。
昭和59年10月 油圧を介護機器分野に応用。身障者及び高年齢者向けの入浴介護支援機器の開発に成功(特許2件)。都市ガス会社が採用決定。関連会社でのOEM供給開始(現在廃番)
昭和61年 2月東京営業所の業務拡大のため、港区高輪2丁目 第一京浜沿いに営業所を移転する。
昭和61年 4月 油圧工具の輸出が好調。米国最大手メーカー向けに油圧パンチ1万台のOEM受注。
昭和62年 5月新製品「フリーパンチ」の開発に成功。記録的な販売実績を上げる。
昭和63年数多くの発明品に対する功労を、京都府下で唯1人、科学技術功労者として、社長 西田力夫が知事表彰。
平成 2年 3月新製品、「フリーパンチ」が、油圧パンチ初の米国特許を取得する。
平成 3年 2月日本発明振興協会より、「フリーパンチ」が発明大賞を受賞する。
平成 4年 4月「フリーパンチ」の開発に関して科学技術振興功績者として、社長 西田力夫が科学技術庁長官賞を受賞。
平成 4年 5月京都府産業技術振興財団より新製品研究開発補助金の交付を受ける。

平成 4年 7月(財)京都産業技術振興財団より、ロボット研究開発に対して、助成金を受ける。
平成 4年 9月資本金1000万円に増資
平成 5年 4月 長年の油圧工具の開発を評価され、科学技術庁の上申により、 西田力夫が平成5年春の褒章において 「黄綬褒章」を受章。
平成 5年11月同志社大学 工学部 自動制御教室と共同開発「鋳物バリ取りロボット」で、京都府より中小企業技術改善費補助金を交付。
平成 7年11月「油圧マルチパワーツール」の開発で、京都産業技術振興財団より、京都中小企業優秀技術賞を受賞。
平成 7年11月第2工場内に設備自動機用の組立エリアを設置。
平成 8年 7月 '96 電設工業展製品コンクールにおいて、「油圧マルチパワーツール」が、 油圧工具初の3位入賞。「中小企業庁長官賞」を受賞する。
平成10年 9月 技術部設計室を第2工場2階に新設
平成15年 2月 ISO9000-2000年版 認証取得 (本社と東京営業所(現在は認証範囲外)) 認証範囲は油圧工具、関連工具、産業機械設備、入浴介護機器と全製品が認証範囲。
平成15年 6月 業界最大展示会、”電設工業展”製品コンクールにて「廃電線ケーブル・ストリップング・マシン」が、「中小企業庁長官賞(三位)」 を受賞。 油圧工具から環境関連製品開発へ進出。
平成16年 3月前社長西田力夫 没  西田 浩巳が社長就任
平成16年 4月 ジャンボびっくり見本市委員会主催 「ジャンボびっくり見本市 大阪」(インテックス大阪)  ”いち押し商品コンテスト”にて、90社 7000票の投票の結果  「インパクト圧着」が1位受賞。
平成16年 6月 充電式ポンプ AVAIL(アベル)を発表。油圧工具の傑作と高い評価を受ける。
平成16年 7月明治大学 政治経済学部 経済学科 伊藤教授ゼミ 工場見学 (文科省助成研究 全国の個性的な中小企業調査のため)
平成16年 8月明治大学 経営学部 藤江教授ゼミ 工場見学  (活力ある中小企業の研究テーマのため)
平成17年 3月近畿経済産業省 地域経済部 山城部長来訪  (関西のユニークな中小企業研究のため)
平成17年 8月龍谷大学理工学部研修生7名受入れ(第6回目)
平成18年 8月龍谷大学理工学部研修生5名受入れ(第7回目)
平成18年12月同志社大学社会学部 松村ゼミ 工場見学
平成19年 4月 ジャンボびっくり見本市委員会主催 「ジャンボびっくり見本市 東京」(東京ビッグサイト)  ”いち押し商品コンテスト”にて、新型「インパクト圧着」が、2位受賞。
平成20年 6月三次元CAD 万能試験機等の設備導入
平成20年 8月龍谷大学理工学部研修生6名受入れ(第8回目)
平成20年11月マシニングセンタ 追加導入
平成21年 1月 九州電力様 ご来社
平成21年 3月 マシニングセンタ 追加導入
平成21年 8月龍谷大学理工学部研修生5名受入れ(第9回目)
平成21年 9月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成21年10月明治大学政治経済学部 森下ゼミ来社
平成21年11月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成22年 8月龍谷大学理工学部研修生5名受入れ(第10回目)
平成22年 8月NC旋盤 2台導入
平成22年 9月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成22年10月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成23年 4月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成23年 8月龍谷大学理工学部研修生4名受入れ(第11回目)
平成24年 6月区画整理により敷地西側に道路が開通。敷地西側に正門 を新設。
平成24年 7月亀戸に東京出張所開設(非常駐)
平成24年 7月構内アスファルト工事完成
平成24年 8月龍谷大学理工学部研修生7名受入れ(第12回目)
平成24年 9月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成24年10月旧正門を閉鎖。

平成24年11月

充電式ブラシレス18V リチウム充電式 アウクシー発表
平成25年 5月創業80周年。
平成25年 8月龍谷大学理工学部研修生5名受入れ(第13回目)
平成25年 9月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成25年11月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成26年 4月伏見工業高校インターンシップ受入れ

平成26年 4月

ブラシレス14.4V リチウム充電式 アービレ バージョンアップ発表
平成26年 8月龍谷大学理工学部研修生5名受入れ(第14回目)
平成26年11月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成27年 4月伏見工業高校インターンシップ受入れ
平成27年 8月龍谷大学理工学部研修生3名受入れ(第14回目)
平成28年 2月油圧工具初の充電式18V−6.0Ah仕様を販売開始。
平成28年 8月龍谷大学理工学部研修生3名受入れ(第15回目)
平成29年 5月電設工業展にて新分野、延線ボーラーを発表。
平成29年 8月龍谷大学理工学部研修生6名受入れ(第16回目)
平成29年 10月新製品 延線ボーラー販売開始